記事一覧

東京出張

只今出張中です。
8月中は休み無しで作業に没頭する感じですが、熱中症が心配です。

心配と言えば、ロープ中の落滴も心配じゃないですか?!
高級シャツを来てる人やクレーマー的な人に汚水の落滴をやらかしたら、もう終わりです。弁償です。その日は赤字決定。
最悪な場合は元請けまで話が広がり、色々面倒臭い事になりますね。
元請けさんが優しければ、幾分救われますけど。

しかしこの落滴問題、ガラス屋からしたら永遠の課題でしょう。
でも正直答えは単純で「水を使わない」・「粉拭き」です。

でも、落滴は無いが、ガラスもあまりキレイになって無い…てのが現実です。

汚いと元請けからクレームが出て手直しの刑が待ってます。

結果的に「シャンスクで汚水を受けながらカッパぐ」てのが一般的な解決法。

でも、全部受けきれますか?
責任者や元請けから「あまり汚水を垂らすな」や「しっかり受けて下さい」と言われた人、結構居ると思います。

シチュエーション的に、
◎コンビニ入り口
◎風が吹いてカラーコーンの外まで汚水飛散、
◎人通りの多い歩道

これらポイントはなかなかの技術力を要します。強メンタルも必要でしょう。


ですが、上手いベテランもいれば、ヘタッピもいます。
仕方ないです、技術力なんて均一化出来ないんですから。

そこでサンパチは考えました。
「養生すれば問題解決か?!」と。

内面作業で書類やカーペットが濡れないように養生しますよね。

ならば、ロープ作業中、靴と靴のスペースに養生を張れば汚水飛散が無くなるのではないかと。


試作品、東京に持って来ています。
想像通りに行くか、只今検証中です。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント